第四章 カラヤンスーツ&マオカラースーツ&スタンドカラースーツ

当店マオカラースーツは2012年 三村順一監督作品カルテットの衣装協力もしています
オプション料金はマオカラー¥5.000− フロントヒヨク¥3.000−別途ご請求になります

第三章 進化するマオカラースーツ
第五章 進化するマオカラースーツ

● 26年ぶりの天才 ヴァイオリニスト 山根一仁さん

山根一仁さんは2010年 中学3年生の時に
第79回日本音楽コンクール ヴァイオリン部門一位受賞
同コンクールでの中学生での第一位受賞は26年ぶりの快挙です

今日は期待の逸材 山根一仁さんの仮縫い大会です

これから予定されている演奏会の衣装を御注文頂きました
一仁さんの御希望で以前ご着用頂いてました
マオカラースーツやロングマオカラースーツとイメージを変えてみたい
こちらの意向を元にコンサルティングをさせて頂きました

※ 山根一仁さんの今後の予定

2013年2月9日 土曜日 札響名曲シリーズ vol.5
札幌コンサートホール Kitara大ホール 開演 15時

2013年2月28日 木曜日 N響チャリティコンサート
NHKホール 開演 19時

2013年6月13日 木曜日 ヴェンゲーロフ フスティバル2013
サントリーホール 開演 19時

● インナーも演出できる エンターテイメント マオカラースーツ

この形のマオカラースーツの良いところは
インナーにスタンドカラーのドレスシャツを着てノータイ
もしくはウイングカラーのシャツに蝶タイやクロスタイ
ドレスシャツに棒タイ
このようにエンターテイメントなマオだからです

そして最後に普通のマオカラースーツとしても着て頂けます
一着でこれだけの着まわしが出来るマオカラースーツ 演奏家の方々やホストの方には良い一着です

人体ボディに着せると肩や胸が落ちてしまいますが
御客様に着て頂くと綺麗なラインが出ていますよね

以前のマオカラーから進化した箇所は
上着のフロントがヒヨクでも この形が可能になりました
ヒヨクの場合 打ち合わせが多くなるので フロントを返えらせるのが難しいのです でも出来ましたよ

エンターテイメント・マオカラースーツ
御仕立て上がり ¥80.000− 税込み

● ピアニスト 三谷温先生へカラヤンスーツの御提案

三谷温先生はピアニスト以外にも
文化庁・文化交流使、昭和音楽大学准教授の三谷温先生でもあります
そんな多忙な三谷温先生に御来店いただきました

マオカラーになさるか
カラヤンスーツになされるか思案なされる三谷先生へ
ピアノ演奏は演奏中の後ろ姿や横からの姿が見えますので
インナーのシャツやネクタイでも御洒落に演出できるスーツ
カラヤンスーツを御提案とコンサルティングをさせて頂きました

マオカラースーツとは違うカラヤンスーツの特徴は
棒タイ・蝶タイを締めて居ウイングカラーシャツやレギュラーカラーシャツを着て インナ−でも多彩なコーディネイトを演出来る事です
観客の方々へも楽しんで頂ける事が出来るスーツだからです

素材はゼニアのクールエフェクト これを使います
ストレッチ性もあり黒の深みもあり軽い素材
なおかつスポットライトを浴びても涼しい素材です

ピアノ演奏は肩以上の腕上げは無いので
指揮者用のスーツよりも弱めに調整しました

出来上がりましたので早速、三谷温先生の教室に御届けします
三谷温先生にピアノ演奏もして頂き OK を頂いて一安心
このカラヤンスーツのデビューはヨーロッパです
三谷温先生は毎年モーツァルトを奏でるために渡航なされるそうです

カヤランスーツ ¥105.000− 税込み
lピアノの演奏家の方も御待ちしています

● マオカラースーツ 最終形の一つ

小澤さんのマオカラースーツと同じ衿にしたい
この御注文を受けてから
同じマオカラーが欲しいという御要望を頂きました

世界の小澤さんですから
指揮をなさる方々は同じスーツを着たいと思うのは当然ですよね
何回となく作るうちに
以前 普通のスーツみたいに前が開くと好いよね
こういうアドバイスを頂いた事も思い出していて

思いきってシャツの衿に頼らないで
マオカラースーツ自体で頑張ってみようと思いました

そして続々とお客様に御勧めすると
思った以上に受けてしまい出来たんです!
マオカラースーツの一つの究極形です

このマオカラーの特徴は
インナーにシャツを着てボウタイやチョウタイも可
スタンドカラーのシャツも大丈夫
衿までボタンを留めて普通のマオカラーで着れる

御客様のニーズに合わせて幅広い着こなしが可能なスーツ
この事が素晴らしいと思います!

マオカラースーツ ¥68.000−税込み 仮縫い¥9.000−別途

● アリストン コットン100% 個性派のシャツ衿スーツ

グリーンのコットン素材をシャツカラースーツに
マオカラーのアレンジ系です
さらにポケットと衿にステッチも入れてみました

ここの所 セレクトショップさんでもアリストンが使われる人気ぶり
アリストンのコットン素材の色も綺麗ですし
しっかりした素材てテですから仕立て上がりも美しいスーツになります

ボックスのポケットはアウトドアやミリタリー系を感じますね
そのボックス胸ポケットもアレンジして
胸のポケットにはペン穴も付けているんですよ
ペン先がフラップから覗きますので使い勝手も良いスーツになります

マオカラーで飽きたらシャツ襟も如何でしょう?
カジュアルな衿の感じが貴方の個性を引き出してくれますよ
アリストン シャツ衿スーツ ¥109.000− 税込み

● 海を愛する女性からの御注文 レディースマオカラースーツ

女性のマオカラースーツを作って頂ける店を探されて
当店へ声を掛けて頂きました 感謝しています!

お仕事で上京されるタイミングで仮縫い服を確認して頂きました
ゆったりとしたラインが御好みの御客様なのですが
そのユッタリ感をビシッと把握するのに時間が掛かってしまい
仕上がりを長い間お待ち頂き申し訳なかったのですが
お待ち頂けたl事に御礼と感謝を申し上げます

第一ボタンは打ち抜きですが それ以外フロントボタンヒヨクで
その打ち抜いた簿アンホールも個性的ですよね
袖ボタンはフロントと同じサイズにて1個のみの仕様です

いつも海を忘れないようにしたい
そういう思いを込めた裏地のチョイス
ポケットチーフも裏地で作りました
マオカラースーツ ¥53.000− 税l込み 仮縫い料金別途

よしっ 行っておいでとマオに声を掛け
京都府へ発送させて頂きました

● 指揮者 小澤征爾さん仕様のマオカラースーツ進化系

以前 小澤さんの御着用になられたマオカラースーツを作りました
マオの衿がインナーに着るシャツやタートルネックで押され
衿が開くというマオカラースーツでした

何もしていませんが開いてますでしょ

仕掛けは無いのですが種はあtります

今回の御注文んも同じく 小澤さん着用のマオです
ただチョット違うのが
インナーのシャツやタートルでも衿を押し広げるのと
マオ自体も最初から衿が開いていたいマオカラースーツです

マオカラースーツの新たな楽しみになれば嬉しいです

クリーニングに出すと戻ると思いますが お客様ご自身で復活可能です

衿の芯地とフロント芯地を工夫しました
そして出来上がったマオのフロントに一工程を加えて
如何でしょう?
上手く決まりましたでしょ

マオカラースーツ御仕立て上がり ¥68.000−

イタリア カノニコ社の素材を使用

マオのフロントの一工程
たいした労力は掛けていませんが
プレスでフロントを潰したりしていないので
反り返りが綺麗になるのが特徴です

マオカラースーツ ¥68.000− 税込み

お客様が当店へ望まれる事は進化系のマオです
これで満足しないで次のアレンジを考えないとと思いながら
山口県へ発送させて頂きました 演奏会は2012年7月27日です

● 鎌田實先生着用のマオカラースーツにカスタマイズ

鎌田實先生が着ていらっしゃる画像をお送り頂いて
このマオにカスタマイズさせて頂きます

鎌田實先生

鎌田實先生

頂いた画像を何度も何度も良く見ます
こんな感じかなとスタイルを頭に描くのですが
次の日には違う違うとイメージをやり直します

カスタマイズしたlマオスーツ"

色合いも綺麗です

lこの繰り返しでスーツのスタイルが決まって参ります
けっこう時間も掛かるのですが
これも楽しい仕事です

麻100%

鎌田先生も御来店お待ちしております

ゆったりしたラインを出しながらも
ダボ付かないマオカラースーツ
これが鎌田實先生のスーツでした
さあっ
出来たマオカラースーツを早速
秋田県の御客様のお手元に お送りさせて頂きます

気に入って頂けると嬉しいです
アイリッシュリネン 100%
マオカラースーツ ¥78.000−

進化するマオカラースーツ。ミリタリー系系マオカラースーツの登場です
● ミリタリー系系マオカラースーツ 衿に新提案2つ

進化する鍵は御客様の御要望から始まりました
車を運転している時に前の襟が首に当たるのを どうにかしたい

それでしたらと襟に工夫をしてみます
何気ないマオカラーにしか見えないかもしれませんんが
前襟の高さ2.5センチ 後ろ襟の高さ3.5センチにしております
こうすると前傾姿勢になられても襟が首に当たらないんです

襟に工夫あり

絶対に着やすいスーツです

襟が お気に召して頂いたので
次の御注文もカチョッポリj綿100%でミリタリー系マオカラースーツです
ボックスのアウトポケットを両胸に付けて雰囲気もバッチりです

カチョッポリ コットン100%マオカラースーツ

さらに襟に一工夫です

胸ポケットのフラップも通常よりも大きいフラップにしています
そして衿の内側に白の衿を作り留めたのが新提案
汗にも負けない二枚衿 いかがでしょう?
これもアレンジが利くので進化しそうなアイテムです

カチョッポリ コットン100%マオカラースーツ

さらに襟に一工夫です

衿と白衿を上手くサイズを合わせるのは簡単ではないのですが
綺麗なラウントが出てくれて良かったです
カフスはダブルカフスのクルミボタン仕様

カチョッポリ コットン100%マオカラースーツ

さらに襟に一工夫です

素材はコットンに定評のあるイタリア カチョッポリ
イタリアらしい赤のスーツになりました
マオカラースーツ ¥98.000− 税込み

マオカラースーツ&マオカラージャケットのページ
進化するマオカラースーツのページ

松戸市新松戸南1丁目329 メンズエム&Masuo.net

0120―44―2970 フリーダイヤル

お問い合わせ先masuo@masuo.net テイラー 野村益夫

ホームページへ